保育士の学校って、どんなことをしているの?

保育士養成課程について

保育士に必要な知識と技術を学び、卒業と同時に保育士資格を取得できる、大学・短期大学・専門学校などをまとめて保育士養成校といいます。どの学校も、卒業するためには、厚生労働省の定めた科目を必ず修めなければなりません。その内容は発表したり話し合ったりする演習形式の授業が多くなっています。また、現場で実際の業務を行う実習も必修となっています。これらの科目の他に、様々な教養科目や福祉分野の専門科目を設けている学校もあります。所定の科目を修めれば、幼稚園教諭や介護福祉士などの資格を同時に目指せる場合もあります。

保育士養成校の授業内容

多くの学校では、1年次から保育に関連する授業が行われます。4年制の大学では、1年次は教室での講義が多めですが、2年制の短期大学や専門学校の場合は、1年次から保育園で実習を行うことも少なくありません。「保育原理」「教育原理」などの授業では、保育士として働くうえでの基本となる考え方を身につけるため、「保育とは何か」「なぜ子供に保育が必要なのか」といった保育の本質を学びます。保育の対象である子供の心や体、その発達、健康管理について学ぶ授業としては、「保育の心理学」「子どもの保健」などがあります。「音楽」「図画工作」などの授業では、実際に保育の場面で役立つ表現技術を身につけることを目的としています。

保育士に必要な資質とは?

子供と接する時間が長く、子供に影響を与える仕事ですから、保育士を目指している方は、明るく前向きな態度と豊かな人間性を兼ね備えられるよう、心がけていきましょう。

近畿エリアで保育士の求人を探している場合は大阪で探しましょう。保育士の求人を大阪で探すメリットは保育園からこども園まであらゆるニーズがある点にあります。様々な働き方から選ぶ事が出来ます。