Browse Month

4月 2018

仕事の種類は様々!工場の求人について知ろう

工場で行われている仕事は多種多様

工場からの求人は就職先や転職先、アルバイト先を探す上で魅力があります。概して給与水準が高いので稼ぎやすいからです。自分でも工場で働けるのかと疑問に思った人が覚えておくと良いのが、工場では多岐に渡る仕事が存在しているということです。機械、電気電子、化学、マテリアルなどの生産系の工場だけでも多岐に渡るものがありますが、分析や廃棄などを専門とする工場もあります。工場ごとに目的も違い、必要とされる工程も異なっているので様々な仕事があるのです。そして、全ての工程を安全に行えるように安全環境を管理する必要もあり、工場で使用する物品の調達や管理なども行わなければなりません。多くの職種の人が集まっているので自分に合っている仕事が見つかる可能性は十分にあります。

自分の特技や興味を生かせる求人を探そう

工場で働きたいと考えたら、まずは自分にどんな特技があるのかを考えることが大切です。理系の大学や関連する専門学校を卒業して技術を持っているのであればそれを生かす職種の求人を探せば高い待遇で雇ってもらえるでしょう。文系の経歴を持っている人の場合にも、個々の工場で扱っている製品や原料に関する知識を付ければ管理系の職種で活躍することが可能です。分析系の仕事は特に需要が高く、知識さえあれば簡単に扱えるキットを使うだけで仕事ができる場合もよくあります。関連する資格を取得しておくだけで重宝されるようになる場合もあるため、もし興味がある分野の資格があるなら取得すると採用されやすくなるでしょう。

埼玉には多くの工場があり、人手不足により求人が増加傾向にあります。そのため、埼玉の工場の求人は応募しやすくなっています

歳をとったら非常勤の医師として働くのがお勧め

非常勤でもある程度稼げる

医師として働いてきた方は、50歳以上になったら働き方を見直してみましょう。それまでのようにフルタイムで働く必要はありません。フルタイムの仕事は、精神的な負担や肉体的な負担が大きい場合があります。非常勤としての働き方を考えてみましょう。非常勤として働けば、時間の自由がきくようになります。毎日働いても良いのですが、週に3日から5日程度働くことも可能です。残業や夜勤を避けることもできるので、身体的な負担が少なくなります。

時給の高い仕事を選ぶ

非常勤として働き始めたら、年収は下がってしまいます。年収のことにこだわらない方だったら、特にそれを気にする必要はありません。しかし、ある程度稼ぎたい方の場合は、時給の高い仕事を探すようにしましょう。都市部の仕事だったら、時給が高いことがあります。場所によって変わりますが、時給が1万5千円程度のところがあります。外科の仕事は時給が高いと言われています。九州や関西などは時給は9000円から1万円程度になります。東京などにくらべて低くなりますが、可能な限り時給の高い病院を探せば、ある程度のお金は稼げます。

働き方をよく相談して入職する

非常勤の仕事は、入職前に相談ができます。募集要項にはその病院が求める働き方が記載されています。それに合っている方が採用されやすいのですが、無理に合せる必要はありません。医師は人手不足が続いている仕事の一つなので、病院の提示している条件と多少異なった働き方をしても、採用されることが多いです。自分で相談しにくい場合は、転職サイトのキャリアコンサルタントに頼みましょう。そのことを依頼すれば、勤務時間や勤務日を交渉によって変えてくれます。

自分はどんな分野が得意かを考え、また、労働時間などを考慮しつつ医師の募集は医師の求人サイトを見ましょう。