Browse Month

6月 2019

自分のキャリアプランに合った保育士の働き方を選ぶには?

採用後の教育がしっかりとしている職場を探そう

保育士として乳幼児の世話や保護者の相談対応などの仕事をスムーズにこなすには、一人ひとりの保育士を対象とした教育がしっかりとしている職場を見つけることが重要です。特に、新卒者やブランクがある人は、仕事を覚えるまでに時間が掛かったり、子供や保護者にうまく対応できなかったりすることがあり、教育期間が長く設定されている保育所などで経験を積むことがおすすめです。最近では、スタッフの早期の離職を防ぐため、施設長や主任保育士などによる仕事上のフォローや悩み相談などを行っている保育所が少なくありません。そこで、将来的にキャリアアップを図れる職場を見極めるうえで、求職中にそれぞれの職場のスタッフの待遇だけでなく、教育方法や職場環境などを重視することが大事です。

派遣から正社員を目指せる保育所も増えている

保育士が派遣から正社員を目指せる保育所は全国に多くありますが、各施設の方針やスタッフの欠員状況などによって事情が異なります。そのため、将来的に正社員として働きたい場合には、派遣社員の保育士を対象とした評価制度が導入されているところや、定期的に業務研修や外部のセミナーなどの機会があるところを勤務先に選ぶと良いでしょう。また、正社員の待遇は実務経験や仕事ぶりばかりでなく、勤務先の経営状態に大きく影響を受けるため、なるべく将来性がある保育所を見つけることが肝心です。その他、実際に派遣社員から正社員に採用された保育士の体験談を参考にして、キャリアアップの方法について自分なりに勉強をすることがおすすめです。

保育士の派遣を大阪で探しているならエリアや雇用形態、施設形態などの拘りの条件がら絞り込めるサイトがあります。