Browse Day

12月 1, 2019

タクシードライバーの求人に応募したい!必要な資格や探し方を解説

タクシーの求人に応募!必要な資格は運転免許

タクシードライバーは、学歴や年齢を問われることもなく、未経験でも採用されやすい仕事です。もちろん、乗用車の運転はできなければなりませんが、普通自動車第一種免許があれば応募できるタクシー会社の求人はたくさんあります。とはいえ、第一種免許でタクシー業務を行うことはできません。第二種免許を取得する必要があります。そのため、採用された時点で第二種免許を持っていない人は、研修期間中に取得するようにいわれます。このとき、第二種免許の取得費用を負担してくれるタクシー会社も多いです。第二種免許がない人でタクシードライバーへの転職を考えている人は、取得費用を負担してくれる会社を選ぶと良いでしょう。

自分に合ったタクシー会社を選ぶポイントは?

仕事を探すときは、ハローワークを利用する、紙媒体の求人情報誌を見る、転職サイトを活用するなどの方法があります。このうち、もっとも効率よく仕事探しができるのは、転職サイトを活用することです。なぜなら、この3つの方法のうち、もっとも多くの情報を掲載しているからです。仕事の内容だけではなく、給与や休日などの待遇や応募条件なども詳しく知ることができます。また、インターネットを介してすぐに応募できる点も便利です。転職サイトには、さまざまな業界や職種の求人を扱っている総合的なものと特定の業界や職種に特化した求人を扱っているものの、主に2種類あります。タクシードライバーの求人を探すなら、タクシー業界に特化した求人サイトを活用するのがおすすめです。多くの求人を探すことができ、良い会社に巡りあえる可能性が高くなります。

タクシードライバーの求人情報では、給与が基本給+歩合給なのか、完全歩合給なのかをチェックしましょう。基本給+歩合給の場合は、お客さんをあまり乗せられなくても、いくらか給与が保証されます。

意外と好待遇?役員運転手の特徴と就職の方法

役員運転手の概要と収入

役員運転手とは、文字通り企業の重役や政治家などが日常の移動に使用する車を運転する専属のドライバーのことです。業務はもちろん、出勤を含めた自宅への送り迎えも重要な仕事の一つとなるため、常にスケジュールを把握しておかなくてはいけません。この仕事は数あるドライバー業務の中でも特に収入が高いことで知られています。月々に支払われる給料は雇用される会社によって違いはありますが、平均で30万円前後です。これに年数回のボーナスや別途残業代なども支給されるため、1年目のドライバーでも年収500万円近く稼ぐこともできます。

ドライバーとして求められるスキル

荷物などを運ぶドライバーとは異なり役員運転手は人を送迎することが仕事になります。そのため、利用する車を運転する免許の取得はもちろん、適切な状況判断と安全な走行ができるだけの技術も持ち合わせていなければいけません。また、運転中に会話をすることもあるので不快感を与えずにしっかりと受け答えられる一般常識も必要です。こうした理由から、求人の面接では免許取得日や運転の経歴、人柄などが重視されます。

仕事に就くための方法

この仕事に就くための主な方法として挙げられるのが求人募集への応募です。とはいえ、一般的なドライバーに比べて役員運転手の募集は数が少ない上に高収入を理由に希望者が殺到するため、競争が激しくなってしまいます。そこで有効となるのが紹介です。実際に運転手の仕事をしている人や業界の関係者から紹介は一般の求人応募よりも採用されやすいと言われています。

運転手の派遣には、スポット派遣という労働形態があります。これは運転手を利用する個人や企業などが1日単位で契約できるため、月単位や年単位で契約するよりも安価で利用することができます。

プラント求人への申し込みと就職先の選び方

プラントエンジニアはどういう仕事か?

プラントエンジニアは、工場を始めとする各種のエネルギープラントを設計、建設するのが主な仕事です。大規模な建造物の設計や施工が中心ですから、就業先も大手企業が多いのも特長です。工場やエネルギー施設などの製造は、幅広いエリアでの業務になります。国内は勿論のこと、海外に亘るまで就業先は多岐に亘り、スケールの大きい仕事に従事することが可能です。

国際的な仕事に関わることが可能

プラントエンジニアで働くことにより、世界各国での就業を可能にするものです。発展途上国などでの工場やエネルギー施設などのプラント開発など、地域の発展に貢献することが可能になります。海外での就業を通じ、国際情勢や為替変動、国ごとの文化の違いなどを肌で感じながら働けることで、技術力だけではなく、ビジネススキルも高められます。世界各国で大規模プラントの建設に従事できる公共性の高さもプラントエンジニアの魅力でもあります。

プラントエンジニアに求められる能力

プラントエンジニアに求められる能力には、建築や機会に関する技術的な部分だけではなく、英語を活用したコミュニケーション能力、マネジメントや、クライアントとの折衝能力と多岐に亘ります。海外での成長事業に関わり、自身の能力を大きく高めることができるのも、仕事を通じて得られるスキルです。求人サイトに掲載される年収面を見ても、殆どの求人で高年収が提示されていたりと、自身の能力アップと同時に多くの収入を得られる点も、プラントエンジニアが多くの方に人気な理由です。

生産機器や大型機械などのプラントを維持管理する技術者が、プラントを有する他社企業への転職をすることを「プラントの転職」と呼ばれています

新しいことに挑戦!初めてのリゾートバイト

どこで働く?リゾートバイト

リゾートバイトとは、全国各地の温泉旅館やホテル、海、キャンプ場、スキー場、遊園地などで住み込みで働くアルバイトのことです。ほとんどの場合、寮費や水道、光熱費は無料でさらに食事も支給されます。お金を使うことがあまりないのでお金を貯めたい人にはおすすめです。休みの日には近くの観光名所を訪れたり、海で泳いだり、温泉に入ることもできます。リゾート地が忙しくなるシーズンは求人が増えます。ということは、夏休みや冬休みは学生もリゾートバイトをしてみるチャンスです。初めて会う人たちと一緒に働くことは、苦労もありますが学ぶことが多くいい経験になります。

どうやって選ぶリゾートバイト

全国各地で働くことができるリゾートバイト。選択肢が多くてどこで働くのか決めるのに迷いますよね。せっかくリゾート地で働くからには、仕事だけではなく休みの日のアクティビティも充実させたいという人は、夏なら海の家や海近くのホテル、旅館、民宿などで働けばマリンスポーツも楽しめます。冬ならスキー場で働き、自分もスキーを楽しむという働き方もできます。そして、とにかく自然が大好きという人は、キャンプ場の仕事はどうでしょうか。みんながキャンプを楽しめるように、裏方作業から接客まで行います。

得意なことで仕事を決めるのも1つの方法です。例えば、体力には自信あり体を動かすことが好きな人は、農場で野菜の収穫をしてみるのもおすすめです。また語学力を生かしたいという人は、外国人も多く訪れる観光地の旅館やホテルのフロントもいいですね。お金を稼ぐだけではなくプラスアルファの貴重な経験ができるのがリゾートバイトです。気になる仕事があったらトライしてみてください。

高収入なだけじゃなく、マリンスポーツやスキー場など、大自然に囲まれながら働けます。リゾートバイトは、憧れのリゾート地での一生の思い出になるお仕事です。