意外と好待遇?役員運転手の特徴と就職の方法

役員運転手の概要と収入

役員運転手とは、文字通り企業の重役や政治家などが日常の移動に使用する車を運転する専属のドライバーのことです。業務はもちろん、出勤を含めた自宅への送り迎えも重要な仕事の一つとなるため、常にスケジュールを把握しておかなくてはいけません。この仕事は数あるドライバー業務の中でも特に収入が高いことで知られています。月々に支払われる給料は雇用される会社によって違いはありますが、平均で30万円前後です。これに年数回のボーナスや別途残業代なども支給されるため、1年目のドライバーでも年収500万円近く稼ぐこともできます。

ドライバーとして求められるスキル

荷物などを運ぶドライバーとは異なり役員運転手は人を送迎することが仕事になります。そのため、利用する車を運転する免許の取得はもちろん、適切な状況判断と安全な走行ができるだけの技術も持ち合わせていなければいけません。また、運転中に会話をすることもあるので不快感を与えずにしっかりと受け答えられる一般常識も必要です。こうした理由から、求人の面接では免許取得日や運転の経歴、人柄などが重視されます。

仕事に就くための方法

この仕事に就くための主な方法として挙げられるのが求人募集への応募です。とはいえ、一般的なドライバーに比べて役員運転手の募集は数が少ない上に高収入を理由に希望者が殺到するため、競争が激しくなってしまいます。そこで有効となるのが紹介です。実際に運転手の仕事をしている人や業界の関係者から紹介は一般の求人応募よりも採用されやすいと言われています。

運転手の派遣には、スポット派遣という労働形態があります。これは運転手を利用する個人や企業などが1日単位で契約できるため、月単位や年単位で契約するよりも安価で利用することができます。